誰でも簡単!プレハブ組立のQ&A

アートミニハウスの仮設プレハブ組立ご案内
1.基礎・土台
通常プレハブの基礎は、軽量ブロック(10cm)を使用します。各タイプと大きさの基礎図をご参照の上、点置き、1段積み、2段積み等ご希望の方法で行います。
屋内、平らな場所では、特に基礎は不要です、土台の水平、通気を確保して下さい。

➀プレハブの建て上げ場所に土台を仮置きします。
➁仮置きの土台を基礎の仕上がりに合わせ、土台の水平と対角線(直角)を確認します。
③土台の外下部に沿って、画像のように水糸を張ります。
④固めのモルタルを引きブロクを並べ、適当な場所に透かしブロックを配置します。


➀ブロックの接続部にモルタルを注入します、
➁基礎と同じ高さで束を配置します(基礎図面参照)束を細かく配置すれば床がしっかりします。
③土台にアンカーを取り付けて、基礎に載せます、ブロックのアンカーの位置にモルタルを注入します。アンカーボルトのナット(ボルト)は土台上部より出ないようにします。※ナットの締め付けは、不要です。
妻土台と桁土台の角を密着させ、木ネジで固定します。
土台の水平と直角をよく確認して下さい。
土台が正確でないと、プレハブの壁、天井が上手く収まりません。
④土台水切を画像のように加工します。
プレハブ部材キットには、加工した水切の見本が入っていますので、ご参照下さい。
⑤土台に時計回りで水切を配置します。


➀水切は、追廻しで接続部を5~10mm程度重ねます。
➁大引(45×75)を現場に合わせて、切断します(桁の内寸法)。ツナギになる場合は、束の中央付近で切断して大引に釘を斜め打ちで止めます(75の釘または木ネジ)。
③根太(45×40)を現場に合わせて切断します(妻の内寸法)。1~2本を大引と土台に木ネジで仮止します(桁の中央付近)。
土台上部と根太上部は平らになるようにします
根太は、壁を建てるのに邪魔になりますので、床(コンパネ)を張るとき(プレハブの外周完成後)に施工します。
④根太の仮止で桁土台の曲がりが直せます。

2.壁・天井
当社のプレハブ組立キットは、各タイプで仕様が違います。
基礎はすべて共通ですが、グレードが上がり大きくなると組立も変わります。
無料送付のDVD、図面等をご参照下さい。

➀プレハブ組立キットは、各タイプとも壁に爪の出ている側にTジョイナーを取り付け、凹壁(メス壁?)を作ります。
次の壁の爪のない側(凸側、オス壁?)を凹壁に差し込みます(差し込みが困難の場合は、Tジョイナーをガイドに利用すると便利です)。
壁、ドア壁、サッシ壁等の配置を決めます。
➁壁は、外から見て右側に壁の爪が出ていますので、各タイプとも土台のお望みな四隅から半時計周りで壁、窓、ドアー壁等を組んで行きます。
土台には、壁の合わせ部に赤印が付いています。壁コーナーの合わせ(土台部)の多少ずれは無視します。
壁上部のコーナーは角合わせの上、直角部分を75の釘、又は木ネジで固定します。
土台と壁の中央付近を75の木ネジで(1ヶ所)仮止めします
③、④赤印の付いた壁の合わせ目の上部をU釘で止めます。
壁の合わせ部(赤印)に沿って張り進めコーナーの壁(Tジョイナー不要)は爪を切り取ります。
壁、ドア壁、サッシ壁等を一周しましたら、土台と壁を20~30cm間隔で、釘または木ネジで本止めします。

3.天井・屋根・鼻隠し(破風)
弊社のプレハブ組立の屋根は、全て600タイプのルーフデッキ(ガルバリウム鋼板)でタイプにより厚さが違います。

➀天井は、爪が出ている方を室内向きに、妻側壁に乗せ、壁と天井を75の釘または木ネジで20~30cm間隔で止めます。
➁安全のために大引と天井内側中央付近にツッカエ棒を建てます。
天井2枚目を1枚目の爪の上に乗せます。天井の合わせ部は壁上部の合わせと同じにします。
③天井合わせ部を75の釘で20~30㌢間隔で縫います。
最後の天井は、爪をカッターナイフで切り取ります。
天井の張模様にご注意下さい(室内から見てレンガ模様になるように天井を配置します)。


➀水勾配根太は桁の長さと同じです、タイトフレームの合わせ部に赤印が付いています。
水勾配根太をスケール代わりにして、一方の桁側天井に直接、赤印を付けます。
もう一方の桁側に水勾配根太を75の釘又は木ネジで止めます。
タイトフレームを赤印に合わせてカサ釘で止めます。
A、B、Cタイプは、面戸を取り付けます。
B、Cタイプは、断熱材(グラスウール)を天井一面に敷きます。


➀プレハブの屋根(600タイプルーフデッキ)は妻側より張ります。
ルーフデッキは、大きい山側を手前に、小さい山を前にして次のルーフデッキの大きい山を乗せ張り進めます。
穴開け用パイプが付いていますのでご利用下さい。
➁屋根を専用ナットで止めます。ルーフデッキの雨落ち部を5~10mm位、鋏で切りこみを入れハンマー等で爪を下に叩きます。
③鼻隠し(破風)を妻側、桁側に配置します、F、A、Bタイプは、鉄板ビス(テックスビス)で止めます。
④破風コーナーをテックスビスで止めます(画像はCタイプ)。

4.床・廻り縁

➀プレハブ土台の内寸法に合わせて根太(40×45)を切断します、根太は25cm位の間隔で75の釘で止めます。コンパネの合わせ部の芯に根太を止めます。
➁コンパネ(12mm)を現場合わせで切断します、45の釘で30~40cm間隔に止めます。
③廻り縁を天井、内壁のコーナー、床周りに止めます。
④プレハブのドアー壁にドアーサッシを専用木ネジ(13個)で戸当たりを確認して止めます。
ドアカギを鍵の付いている方を室外から差し込み専用皿ビスで止めます。

5.外装・仕上げ

➀外壁の四隅に、壁コーナーをモスグリーンの釘で止めます。
➁サッシ壁にガラスサッシをセットして、戸当たりを+ドライバーで調整します(ガラスサッシの下部に戸当たり調整穴が有ります)。
③幅木板で外壁の合わせ部(木部の露出部分)を隠します(25のクリーム釘で止めます)。
④これで完成です(画像は、Bタイプ9帖)。